【経験談】転職で心が折れそうなときにやってほしい5つのステップ

心が折れそうなとき 転職

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれる場合があります。

転職活動してるけど、もう心が折れてしまいそう…なんて気持ちになっていませんか?

私自身も20代で2回の転職を経験しており、何度も同じような気持ちになったのを覚えています。

太郎坂
太郎坂

転職活動は自分の思い通りにならないこともありますからね。

今日はそんな自分の経験を思い出しながら、転職活動で心が折れそうなときにやってほしい5つのステップを紹介します。

はじめに

大前提として、転職活動を億劫だと感じるあなたは「いたってフツー」なのでご安心を。
うまくいくかどうか確証がない
いつまで時間がかかるか分からない
そんな状態で動き続けるのは誰だってキツイです。

心が折れそうな時って、何から手を付けていいのかすら悩んでしまいがちですよね。

そこで今日は、順番に実践できる汎用性の高いものを厳選してご紹介します。

①モチベーションの上げ方を知る
②完全に離れる期間を作る
③知識をつける
④再開に向けて少しだけ備える
⑤継続するための環境をつくる

それぞれをバラバラで試してもらってもいいのですが、ぜひ順番に実践してみてほしいです。

転職活動で心が折れそうなときにやってほしい5つのステップ

STEP①モチベーションの上げ方を知る

心が疲れてくるとモチベーションだって下がりますよね。

そんなとき、自分を元気にしてくれる方法を自分で知っておくのはものすごく大切です。

自分で自分のモチベーションを上げる方法を知っておくことは、転職に限らず、この先の人生においてめちゃくちゃ役に立ちます。

動画サイト

たとえば、私は動画サイトでドキュメンタリー番組をよく見ていました。

たかが動画と侮ることなかれ、実はこんなメリットがあるんです。

  • 逆境の中で頑張る人の姿を見れる
  • 自分と似た境遇の人に勇気をもらえる
  • 逆に全くちがう世界を見て視野が広がる
太郎坂
太郎坂

青春ドラマもいいかもしれませんね。

ほかにも思いっきり笑えるもの、思いっきり泣けるものなど、あなたに合った動画を探してみるといいと思います。

もちろん動画でなくても思いっきり没頭できる趣味なんかもいいですね。

STEP②完全に離れる期間を作る

モチベーションを上げるのは大切ですが、行き詰まりを感じているときは心が疲れていることも多いです。

そんなときは、期間を決めて完全に転職活動から離れてみるといいです。

太郎坂
太郎坂

知らない土地に一人旅なんておすすめですよ。

そうは言っても、離れるのにも勇気が必要だったりしますよね。

内定をもらうまではリフレッシュなんてできない…という人もいるかもしれません。

そんな人は次のステップでちゃんと戻ってこれるようになっているので、安心して心を休めてみてください。

STEP③知識をつける

知識を付ける

転職活動には不安はつきものです。

とはいえ、ただやみくもに不安がる必要は全くありません。

結局のところ、転職活動中に感じる不安とは、生活が立ち行かなくなることへの恐怖です。

このまま仕事が決まらなかったら…
お金がなくなったらどうしよう…
でも今の会社で働き続けるのは耐えられない…

こうした漠然とした不安を感じているときは、圧倒的に知識が足りていないことが多いです。

太郎坂
太郎坂

あなたは次の質問にいくつ答えられますか?

たとえば雇用保険を90日分支給してもらえるとしたら、徹底的にのんびりしてもいいし、徹底的に選考を受けまくってみてもいいでしょう。

大人が本気で3か月やれば、現状は必ず変わります。

悪いことばかりを想像してしまうときは、いっそ腹を括って「不安に向き合って策を練る」くらいでちょうどいいです。

そのために知識は必要なんです。

STEP④再開に向けて少しだけ備える

これまでのステップを経て、漠然とした不安が軽減し、備えることの大切さを認識できたと思います。

ただ、この準備は「50%」くらいでいいです。

真面目で真剣な人ほど、今度はこの準備を完璧にしようとしてしまうからです。

せっかく下げたハードルを自ら上げてしまっては意味がありません

気持ちとしては「準備が半分整った」くらいでも意外と大丈夫です。

なんなら準備半分くらいで一旦いまの職場を退職し、そこから体制を立て直すのでも全く遅くはありません。

正しい命綱の付け方がわかっているからこそ、バンジージャンプだって楽しめるというものです。

太郎坂
太郎坂

命綱なしでバンジーするのはただの「無策」ですからご注意くださいね。

STEP⑤継続するための環境をつくる

これまでのステップで対策を打ってきたので、この頃には心身がかなり回復していると思います。

あとは転職を継続するための環境づくりをすれば完璧です。

計画

そもそも転職は今日明日ですぐに結果の出るものではありません。応募から内定まで最短でも3週間はかかります。

逆に言うと、継続さえ出来れば、もはや転職は成功していると言っても過言ではありません。

その環境づくりの例をタイプ別に紹介します。

◆自分に甘いタイプの人は「半ば強制的にやらざるを得ない環境」をつくる
(※自分のペースだとサボってしまうため)

【例】Aさん
  自分に甘くてマイペース
  サボりがちになりやすいタイプ
  転職エージェントに登録済み

  • 転職エージェントには、お尻を叩いてほしいと伝えておく
  • 今後はメールではなく電話での連絡を希望しておく
  • 定期的に面談日や選考予定日などの予定を入れる

◆自分に厳しいタイプ人は「心穏やかに継続できる環境」をつくる
(※相手のペースだと追い込まれてしまうため)

【例】Bさんの場合
  自分に厳しく何事も一生懸命
  息切れしやすいタイプ
  転職エージェントに登録済み

  • エージェントにはメンターになってほしいと伝えておく
  • 電話ではなくメールでの連絡を希望しておく
  • 定期的に休息日をつくる


あなたはAさんタイプですか?
それともBさんに似ているタイプでしょうか?

いかに自分に合った環境を整えて、しっかりと転職活動を継続できるか。

それを考えて実行に移せただけで、あなたの転職活動は完成しているも同然なんです。

さいごに

心折れないために

今日は転職活動で心が折れそうなときにやってほしいことを紹介しました。

こんなの精神論じゃん…と思わずに、まずはやってみてほしいです。

そして、転職に成功したあとも、もし人生で気持ちが落ち込んだときがあれば今日の5ステップを試してみてください。

太郎坂
太郎坂

実はそのつもりで汎用性が高いものを厳選しました。

転職に悩んで行き詰まっている人は、今この時間をすごく長く感じているかもしれません。

でも、転職後の人生のほうが時間的にはずっと長いんですよね。

だからこそ、転職活動はあせらずに納得のいくカタチで終えてほしいですし、転職後もしっかりと自分の道を歩んでほしいと私は思っています。

タイトルとURLをコピーしました